歯周病治療

歯周病は歯のまわりの骨がとけていく病気です。
細菌の感染により炎症が起こり、その炎症により歯槽骨が破壊されていきます。
歯周病が進むと、歯のまわりの骨がなくなり、グラグラになり歯が抜けてしまいます。
現在では、虫歯より歯周病を患っている人の方が多く見られます。
大人では80%以上の人が歯周病にかかっておられます。
子どもたちでも歯肉炎の状態の人がたくさんみられます。
歯肉炎は歯肉のみに炎症がみられる状態で、まだ歯槽骨の吸収がない状態です。
そのまま進むと歯槽骨が破壊される歯周病に進んでいきます。
歯周病は歯のまわりの骨がとけていく病気です。
みなさん、ご存知のことと思いますが、手や足が骨折しても骨がすぐにはくっつきません。2~3ヶ月という時間がかかります。
このことと同じように、歯のまわりのとけた歯槽骨を再生するには大変な時間がかかります。
ですから、虫歯の治療より、歯周病の治療は長い時間かかかります。
それでも、定期的に治療し管理していくことによって、とても良くなっていくことが南浦歯科クリニックの多くの患者さんの症例で見られております。
歯周病が気になる方は一度ご来院頂き、院長にご相談ください。
南浦歯科クリニックでは保険内での治療、保険外の治療と色々な方法であなたの歯周病を効果的に治療できると思います。

歯周病の進行とその症状

歯周病は自覚症状がほとんどありません

日本人の中高年層の8割は、歯肉に問題ををかかえています。
歯磨きの際には歯肉の状態をチェックする習慣をつけ、歯周病の進行に気を付けてください。

歯周病の進行

  • 「歯周病は治らない」と思われがちですが、歯を支えている骨が全くなくなってしまった歯以外は歯を抜かずに治療することが可能です。また、最新の超音波振動装置にて歯石除去を行うために、痛くない歯周治療進めていきます。
  • 歯周病は口臭の原因にもなります。歯周病を治療し、口臭をなくしましょう。