口臭の原因は?

画像:口臭

あなたはお口の臭いが気になりますか?口臭の正体は、食べかすが細菌によって分解されて発生するガスと血液中に溶けている臭いのもと(食事で取り込まれた食品の成分やお酒など)が、呼吸によって肺から出てきたものです。
朝起きたときや空腹時には、一時的に口臭が強くなります。女性の生理中妊娠中あるいは成長期など、ホルモン変化の激しい時期にも口臭が強く感じられます。
また歯みがきをしっかりしていても口臭が指摘されるようなときは、胃腸や肝臓などの内科的な病気や免疫に関係した全身性の病気が疑われます。鼻やのどの病気、口呼吸などでもお口が臭います。


どうすれば口臭予防できるの?

口臭の原因は様々です。お口に発生源がある口臭の予防には、以下のような対策があります。

むし歯や歯周病の治療

画像:ホームケア

むし歯や歯周病にかかりやすいお口には、細菌がたくさんいます。きちんと治療を受けて病気になりにくくしておくことは、口臭の発生を予防します。

歯科医院での定期健診と適切なホームケア

自分だけではどうしても磨き残しができます。専門家の手で、定期的にプラークを取り除きましょう。また、口呼吸解消のリップトレーニング指導を受け、適切なホームケアを心がけることも大事です。

その他

食後の歯磨や緑茶を飲むこと、臭いの強い食品を食べたあとには牛乳を飲むなどのちょっとした工夫で、臭いの発生を防ぐことができます。レモンや梅干などは、細菌の腐敗を防ぎ、唾液の分泌を高めお口の自浄作用を促します。