歯周病の検査について

歯周病は知らないうちに進行する「沈黙の病」です。適切な治療のためには、来院したあなたの歯肉やあごの骨が、今どんな状態にあるかを見極めなければなりません。「歯周基本検査」「歯周精密検査」は、これからの治療方針を決める重要な検査です。

軽い症状の時は「歯周基本検査」

プラーク付着検査

基本検査は

  • 周ポケットの深さを1ヵ所以上測ります
  • 歯が動いていないかを調べます(歯の動揺度)


もう少し詳しく調べるときは「歯周精密検査」

動揺度検査

精密検査は、

  • 歯周ポケットの深さを4ヵ所以上測ります
  • 歯の動揺度を調べます
  • プラークを染め出して付き具合を調べます


さらに詳しく調べるときもあります

たとえば

  • 歯肉から出血していないか?
    (血が出るのはポケットの中に炎症があります)
  • 歯と歯の間の隙間が大きくないか?
    (食べ物が挟まりやすい)
  • 付着歯肉の幅
  • 歯槽骨がどの程度失われているか?
  • 口腔内写真
  • X線写真