まぐろと夏野菜の生春巻き

生野菜で「かむ」力をつける

 しっかりと「かむ」ことは歯と歯ぐきを丈夫にするだけでなく、脳に刺激を与え、身体全体に良い影響を与えることが知られています。

 今回は、夏の生野菜を使ったシャキシャキ感たっぷりの生春巻きに挑戦。栄養バランスも優れているから、夏バテ気味の時にもおすすめです。

 かみごたえのあるセロリ、きゅうり、キムチを一緒に食べると、単品で食べるよりもさらにかむ力が必要になります。生春巻きもきつめに巻いて、しっかりかめる一品にしましょう。


材料(4人分)

  • まぐろ 200g
  • アボガド 1個
  • きゅうり 2本
  • マヨネーズ 大さじ3
  • しそ 12枚
  • 梅肉 大さじ1
  • セロリ 1本
  • みりん 大さじ2
  • キムチ 200g
  • 水 大さじ1
  • 黄ピーマン 1/2個
  • 塩 少々
  • 赤ピーマン 1/4個
  • ライスペーパー 12枚

作り方

  1. きゅうりは1本を長さ2等分にし、12本のスティック状に切る。セロリは太めの棒状に。黄ピーマンは細切りにする。まぐろはきゅうりと同じような形に切る。
  2. 小さいボールにアボガドを入れ、フォークの背でつぶす。マヨネーズを加えてよく混ぜペースト状にし、塩を少々ふる。
  3. みりんを耐熱器の小さめのものに入れ、レンジで30秒加熱してアルコール分をとばす。
  4. 別の器に入れた梅肉に4.と水をあわせ、梅肉ソースを作る。
  5. 大きめのボールに水を張り、ライスペーパーを端から、一度に、全部つける。ライスペーパーを取り出してまな板に乗せ、ペーパータオルで余分な水分を取る。
  6. ライスペーパーが白濁し柔らかくなったら、まぐろ、キムチ、セロリ、黄ピーマンを置き、巻いていく。
  7. 皿にアボガドソースと梅肉ソースをひき、みじん切りした赤ピーマンを散らす。春巻きを食べやすい大きさに切り、盛り付ける。