今までの歯科治療では、むし歯に侵された部分を大きく削り、詰め物を入れるために修復材料に合わせて健康な歯まで削ってしまうという方法が取られてきました。しかし、現在ではプラークコントロールやフッ素による歯の強化等を正しく行うことで、初期のむし歯なら、進行中のむし歯でも抑制できることがわかりました。また、従来のように大きく歯を削らなくてもよい修復材料が開発され、必要以上に歯を削らずに、経過を観察して歯の再石灰化を促す歯質保存的な治療を行うことが可能になりました。
当医院ではこのようなミニマルインターベンション(Minimal Intervention:最小の侵襲)という考え方を積極的に取り入れた治療を行っています。

少しでも多く自分の歯を残すために

私たち歯科医は、患者さんの歯をできるだけ残したいと考え、「削るのは最小限に」を心がけ一度歯を削ってしまうと、削った部分が大きければ大きいほど歯が弱くなり、いずれは再発と修復を繰り返すようになってしまいます。また、審美的な面でも本当の自分の歯に勝るものはありません。少しでも多く歯を残す事は、私達歯科スタッフだけの努力だけでは不可能です。皆さんの日頃の予防に対する姿勢が何より大切です。

自分の口腔状態を正しく把握しましょう

予防やむし歯の進行の抑制は、お口の中の状況を正確に把握することから始まります。むし歯になりやすい体質なのか、唾液の量はどうか、お口の中の細菌の状況はどうかなどを検査し、一人ひとりに合った口腔ケアをしていきます。

定期検診を忘れずに

お子さんの歯で何か気になることがありましたら、お早めにご相談ください。