歯間ブラシで磨き残しなし!

1日1回、時間をかけてていねいに

ブラッシングイメージ

今の若い世代は、朝シャン感覚で歯をみがきます。ポケットやバッグの片隅に歯ブラシをしのばせ、食べたら気軽にシャカシャカシュッシュッ。ぜひ皆さんも真似してほしいことです。そしてせっかくの歯みがきですから、ぜひ効果的にみがいて下さい。「みがく」と「みがけている」では大違いなのです。
食後すぐに歯をみがくのはなかなか大変です。専門家の研究では、1日3回短時間みがくよりも、1日1回ていねいに時間をかけてみがいたほうが効果的という報告もあります。
1日の最後にご苦労様のいたわりを込めて、あなたの歯をブラッシングしてあげましょう。そこで、効果的な歯みがきの方法をお教えします。


歯垢がよく取れる”毛先みがき”とは

毛先みがき

むし歯や歯周病の原因は歯垢です。この歯垢をとらないと歯をみがいたとはいえません。歯垢がたまりやすいのは、歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目です。そこを上手にみがくには、歯ブラシのつま先・わき・カカトを使い分け、歯ブラシの毛先がいつも歯に直角に当たるように、歯を3つの面(近心面・遠心面・磨面中央)に分割して力を入れず小刻みに動かしてみがきます。こうすると、歯垢がよく取れます。 最近では3つの部分に色分けされた歯ブラシも登場しています。
さあ、トライしてください。コツをつかむとホラ、簡単でしょ。