むし歯から守るために、年齢に適した歯みがき方法を

乳児期

赤ちゃんの舌には白っぽいカスが時々たまります。お母さんは水やぬるま湯で湿らした布でカスを拭き取ってください。

生後7~8カ月の時期

生後7~8カ月位になると、赤ちゃんにはもうかわいらしい前歯が生えてきます。やはり歯の汚れは布やガーゼなどで拭き取ってください。

生後1年を過ぎたら

この時期くらいから歯ブラシを使いましょう。お母さんがみがいてあげてください。

3歳を過ぎたら

この頃からは自分でみがくようにさせましょう。しかし子どもはまだまだ歯のみがき方が上手ではありません。お母さんも手伝い、歯みがきをした後はよくチェックしましょう。

5歳を過ぎたら

5歳位になったら、毎食後(朝・昼・晩)「1日3回みがき」をさせましょう。お母さんは、仕上げみがきで、みがき残しがないかよく見てあげてください。

六歳臼歯が生えてくる頃

6歳位になると、強く大きい六歳臼歯が生えてきます。この六歳臼歯は食べカスもたまりやすくむし歯になりやすいので気をつけてみがくようにしましょう。

子どもに適したブラッシング方法

子供に適したブラッシング

乳歯に適したブラッシング方法は、横みがきです。 ブラシを歯面に平行にし、少し力を入れて小刻みに動かします。あまり大きく早くみがくと歯垢が落ちにくいので気をつけましょう。歯ぐきに傷がつく心配もあります。
 特に歯と歯ぐきの境目や奥の方の歯は念入りにし、子どもが吐き気を起こしたりしないよう歯みがき剤はつけない方がよいでしょう。歯ブラシは、小さめの方が効果的です。


お子さんの歯で何か気になることがありましたら、お早めにご相談ください。